葬式における端正なふるまい方

葬儀は簡略化していても、心さえこもっていれば、故人は喜んでくれるので、お金は関係ないのです。

葬式における端正なふるまい方

簡略化した葬儀でも喜んでもらえる

葬儀というと邪魔くさい物だというイメージを持たれている。とても時間のかかるものですし、時間だけでなく、お金もかかるのです。
葬儀といえば、お寺からお坊さんを呼んで、葬儀会社に連絡をして、祭壇を作ってもらったり、霊柩車の手配をしてもらったり、或いは火葬場の予約なども必要になってきます。
最近はそうした、煩わしいことは葬儀会社の方がやってくれる場合が増えてはきましたが、それでも、とてもやることがおおく忙しいものなのです。
そうした葬儀にかける時間や金を何とか節約したいと考えている人は、この日本社会にたくさんいるのです。
ですから、最近は、低料金の葬儀というのが流行っているのです。
祭壇なども必要最低限の物だけを用意して、無駄と思われる物は全て排除していく。そうすれば、今までの葬儀に使われていた費用を、半額ほどに抑えられることができるのです。
このような低料金の葬儀は、若者を中心にとても人気があるのです。

しかし、それをためらう人がいるのも事実です。

故人のためにも、盛大で他の人に見せても恥ずかしくないようなお葬式をしたい、と考える人もいるのです。

しかし、そうしたことは建前でしかないのです。
多くの人は、葬儀にかかる費用は無駄だと考え、その費用が、それからの生活の負担に感じているのです。
亡くなった人は、自分のお葬式を出すために、残された家族が負担になるようなことを望んではいません。葬式は簡略化されていても、残された家族が、これから先を安心していき手いける方が、故人にとっては喜ぶはずです。
そして、なにより、お金をかければそれで、故人が喜ぶのかというとそうではありません。いくらお金をかけて体面を繕ったとしても、心がこもっていなければ、何の意味もないのです。
反面、お金をかけずに、簡略的な式にしたとしても、遺族たちが、本当に心を込めて、故人を送ってあげることができれば、亡くなった方も真に満足できるのです。

Copyright (C)2017葬式における端正なふるまい方.All rights reserved.