葬式における端正なふるまい方

葬儀は参列をする側と葬儀を出す側に分かれます。それぞれ役割は違ってくるのでわきまえることが必要です。

葬式における端正なふるまい方

葬儀の参列と葬儀を行うこと

葬儀に参列をした経験のある人は多いでしょう。葬儀を出す方と参列をする方では全く意味が異なります。
遺族とはどの範囲のことをさすのでしょうか?意外と知られていないことが多いようです。
遺族はもしも祖父母がなくなったら子供と孫までが遺族となります。
子供の配偶者も子供扱いになりますので、義理の息子や娘も遺族ということになります。
義理の息子や娘の親族ともなると、遺族という扱いに入れないこともあります。
これは地域によって異なるので、確認をしておくのも良いでしょう。葬儀を出すほうと参列をするほうでは気持ちも異なります。
どの道、急に行われるものですから、心の準備もないままで参列をしたり施主になるということになってしまうのではないでしょうか?

葬儀の考え方は宗教によって異なります。
それだけではなく、同じ仏教でも宗派によっては全く異なるものです。
仏教は葬儀を行うことで故人を見送るという考えがあります。

しかし他の宗教では復活のための準備と考えることがあるのです。
考え方が違うと悲しみも変わってくるのではないでしょうか?参列をする際には失礼のないようにしなければいけません。マナーが大変細かいので、事前に勉強をしておくことも必要となってくるのです。
また施主になることもあるでしょう。この施主の定義というのは大変難しいものです。
施主と喪主というのは違うものです。
葬儀の専門用語というのもたくさんありますが、最低限のことだけは知っておいた方がよいでしょう。

Copyright (C)2017葬式における端正なふるまい方.All rights reserved.