葬式における端正なふるまい方

葬儀は出来る事ならば、したくないです。出たくないのが本音です。葬儀は悲しいです。人生最終日です。

葬式における端正なふるまい方

葬儀は人生の一部です、葬儀はどう開催するの?

葬儀は最後のイベントです。
自分がこの世にいられる最後です。
既に死んでいますが、体はまだ生きています。
自分自身は死んでいますよ、既に。火葬された時はこれで終わったのだと私なりに実感できる瞬間です。
私は人生長くないと分かっていたら、葬儀の準備も生前から準備に取り掛かっています。
葬儀は沢山ありますが、開催する場所は決まっています。
色んな段取りが必要です。
人生はこれまでを振り返ってみます。
葬儀はここまで凄かったのは、人の多さです。
生前有名人だったら、見送りに来るものです。
テレビ中継もされています。
その中で幸せな人生を遅れていたのだと、密葬という形もありますが、やはりみんなで見送ってほしいのです。
特に家族と会社、合同葬儀もオプションに含まれています。
あくまでも故人の生前の言葉を思い出してみましょう。あの世に旅立つのは、葬儀から火葬、これがあの世行きの列車です。
人生は常に先を読むのですが、それが正しい道化、自分の答えは既に分かっていると思っています。

葬儀は自分自身で成功させたい、残された家族に全てを捧げていきます。
葬儀は悲しいですが、来てもらった人にお礼もしなくてはいけません。葬儀は一度きり、葬儀によって救われる事も色々とあります。
葬儀は出来る事なら密葬でお願いします。
私は両親からその方がいい、特に家族葬をお願いねと言われました。私は故人の意向を最大限尊重するようにしています。
人生、最後くらいは故人の考えるようにするのが筋だと思っています。

ピックアップ情報

Copyright (C)2017葬式における端正なふるまい方.All rights reserved.