葬式における端正なふるまい方

葬儀のなかで増えている家族葬はどこまで参列させるのか判断が難しいので、事前に家族で話し合うべき。

葬式における端正なふるまい方

葬儀で増えている家族葬

家族のなかには亡くなったときには、一般の葬儀ではなくて家族葬で弔ってもらおうと決めている家庭も少なくありません。一般の葬儀ではどうしても遺族の人々が参列者に対して配慮をしなくてはなりません。特に喪主は席の確保やお弁当の準備などに追われることも多く、故人を静かに偲ぶのが難しいのです。
そのため、気の知れた家族だけで静かに葬儀を執り行おうという気持ちは当然のことです。

しかし、家族葬の家族とは一体どこまでを指すのでしょう。故人の親や配偶者や子供は当然家族として含まれるでしょう。では、子供の配偶者や孫、祖父母やいとこなどは家族に含まれるのかというと、それはそれぞれの家庭の価値観によって違ってきます。

実は家族葬の家族と言うのは、その定義はほとんど明確にされていません。というのも、家族によってそれぞれいろんなケースが含まれるからです。
故人の従兄妹であっても同じ家で過ごしているケースもあれば、子供なのに音信不通のこともあります。
そのため、一概に定義に当て嵌めることはできないのです。
また家族葬といっても家族だけが参列できないわけでなく、故人と親密な関係にあった人も当然参列できます。
誰を招いけばよくて、誰を招いたらいけないか、難しい判断を迫られることになります。
そのため、家族葬の葬儀を考えているのなら、予め家族と皆で話し合っておく必要があると思います。
故人が生前に決めたことならば誰も文句のつけようがありません。

ピックアップ情報

Copyright (C)2017葬式における端正なふるまい方.All rights reserved.