葬式における端正なふるまい方

葬儀をする時には必ず葬儀社に依頼をしますが、きちんと葬儀社を選ばないと後悔するかもしれません。

葬式における端正なふるまい方

葬儀をする際の葬儀社選び

私は今までに何度か葬儀に参列したことがありますが、葬儀をする時は必ず葬儀社に依頼をします。

しかし、葬儀社をきちんと選ばないと後悔するかもしれませんよ。それは私の実家や親族はいつも葬儀をする際には同じ葬儀社に依頼して斎場も同じでした。
しかし最近親族が亡くなり葬儀をした際にはいつもとは違う葬儀社で新しくできた斎場で葬儀を行うことになりました。私の母に聞くと、どうやら親族が死亡した入院先が斡旋していた葬儀社のようで、無くなった時に指定されたようなのです。
そのため私たち親族はしっくりこない感じがしました。

一番不思議に感じたのは通常、斎場から火葬場までの行きと帰りの道は別のルートを選ぶというのが普通みたいですが、その葬儀社の先導では全く同じルートを通っていたのですごく不信感に繋がりました。昔から同じ葬儀社に頼んでいたのでやはりそちらがいいなというのが思いとしてはあります。
人生の最期を締めくくる葬儀なわけですから、誰もが後悔や不満を出すような葬儀にしてはならないなと感じました。もうその葬儀社に依頼することはないでしょう。もしまた斡旋されているような葬儀社を手配されても断ろうと思います。
それが残された遺族に出来ることだし、そこまでしてもいいだろうと私は思います。
むしろいくらお世話になった入院先などでも、葬儀のことまで勝手に手配される筋合いはないと感じます。
葬儀社が違うだけで、葬儀内容も費用も違ってくるので大事な問題になります。

ピックアップ情報

Copyright (C)2017葬式における端正なふるまい方.All rights reserved.